TALog

雑記日記。アジア金星堂ばっかり行く人。 (旧名「TALog with 禁煙blog」)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガンダム作品とMS。 

先日終了した『ガンダムSEED DESTINY』。
その出来には賛否両論…というか,批判が相次いでいる。
(参考:機動戦士ガンダムSEED DESTINY 最終話「最後の力」
(参考:amazonのレビューもすごいことに

たしかに,「ガンダム」というブランドとしてもどうかと思うし,一個の作品としての出来もどうかと思った。

が,しかし。

登場したMS(モビルスーツ)については,「作品の良さとは無関係」だと思うわけです。

決して「SEED DESTINYに登場したMSは良いMSばかりだ」と言っているのではなく,また実際に「良いMS」だとは思ってません。
「良いMS」ではなく「おもしろいMS」だったなぁ,と。
ワタクシは思うわけです。

たとえば,ビグザムとサイコガンダムを明らかにパクった感のある「デストロイガンダム」。
パクったという事自体の是非はとりあえず置いといて。
その馬鹿デカさや,無駄に変形する意味の無さ,なのに町を丸ごと破壊してしまうほどの大火力。
はっきり言って「バカMS」です。良い意味で。
ぶっちゃけ言ってしまうと,SEED系のMSはほとんどがバカMSかもしれません。
これとか


要するに。
ワタクシはSEED DESTINYの作品自体はもう諦めてますが,MSにだけは救いの手を差し伸べてあげたいな,と思っているワケでございます。



追伸:バンダイ様
ガンプラの箱絵にデカデカとキャラ書いてあるのだけはやめてほしいんだけど。
MSとキャラは作中以外では乖離してくれまいか。
スポンサーサイト
[ 2005/10/18 22:40 ] 身近な事 or 想う事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TAL

クリック募金
ブログ内検索
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。